DTMはパソコン一台でCDなみの音楽が作れる事を解説します

DTM(デスクトップミュージック)は、パソコン1台で、CD並みの音楽を作ることが出来ます。その際に必要なのが、DAW(Digital Audio Workstation)ソフトと呼ばれるもので、代表的なものにCUSASEやSONAR等があります。それぞれに使い安さや特徴がありますが、音楽を制作し編集するという面では全て共通したものがあります。大まかに言えば、オーディオの録音と編集、ソフトウェア音源の再生、そして音源のミックス等、基本的コンセプトには大差がないわけです。それ故、一つのDAWソフトに習熟すれば、他のソフトも比較的楽に使えるようになります。実際に、プロのミュージシャンなどは複数のソフトを使いこなして音楽を制作しており、それぞれのソフトの特長を活かした楽曲作りを行っているわけです。

グレードによって分かれる機能の差

DAWの基本性能には大差がないとはいえ、ソフトによって独自の機能や得意な分野があるものです。また、同じソフトでもグレードによって機能に差がある場合もあり、使える音源やプラグインの量にも差があったりします。DAWソフト選びで先ずポイントになるのが、自分の使用しているパソコンのOSで動作するかどうかです。一世代違っても動作しなくなることがあるので、十分に注意が必要です。次に挙げられるのが付属する音源やエフェクトプラグインの数で、ここで音の良し悪しが決まってくるからです。DTMにおいて、音源からくるイメージは大変重要なものなので、初心者といえども、ある程度の音源の数は確保したものです。一方、グレードの高いソフトでは、編集機能にも優れているものがあります。例えば、CUBASEの場合は最上位版には、各トラックのオーディオデータのピッチやタイミングを自動補正する機能があります。

本格的音楽活動には最上位グレード

オーディオデータのピッチやタイミング補正は、手動でも行うことが出来ますが、相当な時間を要します。それが苦にならないのであれば、ミドルグレート以下でもいいわけですが、将来性を考えれば最上位モデルに越したことはないと言えます。価格的にも現在は差が縮まっており、大体、2万円くらいの差でフラッグシップタイプが手に入るわけです。それ故、本格的にDTMに取り組む覚悟がある人の場合は、初めから最上位グレードにすることがオススメだと言えます。最上位グレードには、エフェクトのグレードが高いものが揃っており、それを後から追加するよりも割安になるわけです。DAWソフトには、音楽のタイプによって特徴が出てくるものもあります。ループシーケンサー型の場合は、オーディオループ素材の操作性がよく、ダンスミュージック系に強いDAWソフトになっています。

© 2017: DTMとはパソコンを使って音楽をつくる事 | Awesome Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress