DTMの使い方を初心者でも分かりやすくお伝えします

DTMはプロが使う機材がなくても手軽に始められるようになってきています。特にパソコンがなくてもiphoneなどのスマートフォンでも始められるほど身近担ってきています。一般的にDTMといえばキーボードや大型のスピーカーなどを利用して専用のソフトが使われるものを想像される方が多いですが、ソフトウエアも数千円から用意でき、スマートフォン用のアプリなら数百円のものでも十分楽しむことができるようになっています。もちろん、プロ並みのしっかりした音楽を作るなら機材はそれなりに必要になってきますが、個人で楽しんだり、Youtubeなどの動画サイトにアップして皆で楽しむならそれほど高価な機材は必要なく、また、各種ソフトウエアも年々使いやすいものが登場しています。

DTMに必要な機材とソフトウエアについて

DTMはパソコンやスマートフォンを利用して音楽を作り上げますが、歌をいれるのか、楽器を使うのかなど構成がかなり変わってきます。DTMでもっとも重要になってくるのがソフトウエアです。各種楽器や音声を入力し、編集してスピーカーなどに出力するのが仕事です。もっとも安い場合は数百円のアプリでも可能ですが、入力する種類が多い場合はそれなりに高価なソフトウエアが必要です。また、楽器を利用せず、ソフトウエアで用意されるデジタル楽器を利用することも可能です。この場合、ソフトウエアに合わせて購入することになりますが、数千円程度から用意されていることが多いです。楽器を接続するにはパソコンやスマートフォンに直接繋ぐことはできず、各種インタフェースが必要となります。

DTMを手軽に始めるための機材について

DTMはスピーカーやヘッドホンとパソコンやスマートフォンがあれば始められます。その際にはソフトウエアやアプリが必要となります。ソフトウエアではデジタル楽器が入っており、画面に表示されるキーボードなどを操作することで曲を作り上げられますし、ドラムやギターも音色として用意されているので楽器を用意することは必要なくなっています。ただし、物理的なキーボードなどを用意することでパソコンではなく、キーボードで曲を入力していくこともできます。作成された曲はCD品質で作成できます。作成されたファイルはYoutubeなどにもアップできますし、CDも作成できます。音声を一緒に入れたい場合はインターフェイスやマイクを利用することでソフトウエア上で合成でき、高音質なファイルを作成できます。

© 2017: DTMとはパソコンを使って音楽をつくる事 | Awesome Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress