お勧めのDTMソフトを紹介します

DTMにはお金がかかると言われてきましたが、パソコンがあればDTMのソフトウエアであるDAWは無料で使えるものも登場しており、0円でかなりのことができるようになってきています。また、プロが使う本格仕様のDAWも価格が急落してきており、購入しやすくなっています。DTMはさまざまな音楽のスタイルを実現しますが、作りたい音楽に合わせて設備を増やしていくことができます。ただし、DTMソフトについては汎用性がとても高いのでどのような音楽スタイルにも合わせられる柔軟性があり、1つ買えば長く使える場合が多いです。DTMはWindows、Mac、スマートフォンで楽しめます。スマートフォンでは制限が多少ありますが、アプリも充実しており、DTMを初めての方も楽しめることが多いです。

パソコンでDTMを楽しむ際のソフトウエア

DTMはDAWと呼ばれるソフトウエアを利用します。DAWは無料のものから数十万するタイプまでさまざまありますが、作りたい音楽、利用する楽器数などによって選ぶ方が多いです。初心者の場合はWindowsならStudioONEなどの無料で使えるDAWがよく利用されていますす、Macにも無料のソフトがOSに付属してきます。無料とはいえ、十分な実力があるソフトウエアであり、楽器やインタフェースなどにも対応しますので多くの音楽を楽しむことができます。また、トラック数に制限がある場合もありますが、トラック数についてはパソコンやマック側のハードウエアの制限もあるので注意が必要です。DAWについては基本は皆同じなので一つのソフトウエアをしっかり使いこなせば他のDAWにも移行できる柔軟性があります。

DTMを楽しむソフトウエアについて

DTMはDAWを持っていれば楽しめますが、マイクや楽器、インタフェースを買い揃えていく度に音楽の作成の幅が広がります。ただし、予算が厳しい場合はスマートフォン向けのアプリでも楽しむことができます。スマートフォン向けのアプリとはいえ、複数のトラックが利用できますし、インターフェースにも対応するなど拡張性も考慮されてきています。また、楽器などを持っていなくてもデジタル楽器がデータとして入っているタイプもあり、タッチだけで楽器を弾けます。DTMは音楽を作っていく楽しみがありますが、作曲についても十分楽しめますし、タブレットを利用すればパソコン並のトラック数で曲を作り出せます。スマートフォンのアプリによっては外部出力に対応しているアプリもあり、スピーカーなどを繋いで本格的に楽しむこともできるようになっています。

© 2017: DTMとはパソコンを使って音楽をつくる事 | Awesome Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress